カルマの法則とは

カルマの法則とは?

あなたは「カルマの法則」をご存じですか? カルマの法則とは簡単に説明すると、良いことも悪いことも返ってくるという意味が込められています。 良いことをしたら必ず幸せが返ってきますし、逆に悪いことをすれば必ず不幸なことが返ってくるというわけです。 特にカルマの法則は後者に当てはまることが多く、人間は良いことをされた記憶よりも悪いことをされた記憶のほうが多く残ります。 そのため、仕返しは必ずやってきて、あなたを苦しめる事態まねいてしまう事になるでしょう。 仕返しはすぐやってくるわけではないので、生きているうちにやってこなければ、来世にて不幸を味わうことになります。 例えば殺人事件を犯した人間は、次の来世にて殺した相手と同じ様に苦しみながら死んでいくことになります。 また、子供を捨てた親は、親に捨てられた子供として生まれ変わり同じ思いをさせられるのです。 このように、カルマの法則を守り大切にしなければ、負の連鎖は続いていき、止めることができなくなってしまいます。 幸せをたくさん引き寄せたいと願うのなら、人を傷つける行為を改めて、世の中の人のために尽くすことを試みるよう努力しましょう。 そうする事で、後に多くの幸福を集めることができるようになります。 上記のポイントをしっかり守ることができれば、来世にはきっととてつもない幸せ者として生まれ変わることができるかもしれませんね。