人間関係を占う

周囲の人間とあなたは合わせ鏡

あなたは、人間として尊敬している、好きである、という人が周りにいるでしょうか? はいと答えられる人は、スピリチュアルで言えば相手のことも自分のこともしっかりと見れている人です。 反対に、そんな人はいない。嫌な人ばかりだ。という人は、合わせ鏡の状態にはまってしまっています。 基本的に、人間というのは相手の行動の中に、自分と似通った部分を見つけるものだからです。

嫌いな人と好きな人がいる理由

まず、嫌いな人がいる場合、あなたはその相手に対して自分自身が嫌っている性質を表に出している人です。 こういう人は嫌いだ、というのは、逆に言えば「自分のこういうところが嫌いだ」と言っているのと変わりません。 自分自身の中にある、そういった部分を認めたくないために、その部分を表に出して生きている人に対して嫌悪感を抱いてしまうのです。 また、好きな人がいる場合、これも同じように「自分のこういうところが好き」と思える部分を持っている相手なのです。 そんなことはない、私はあの人みたいにできない、と思っている人は、自分自身で潜在的に眠っている可能性を潰してしまっているかもしれません。 さて、そんな誰もが悩む人間関係を滑らかにする方法ですが、それはとにかく「自分を認める」ことに他ならないでしょう。 自分の好きなところも嫌いなところも自覚できる人というのは、自分にそういった部分があってもいい、むしろあるから自分なのだ、と認めているのと同義です。 そうすると、他人に対して嫌な感情などを出すことがなくなり、人間関係が良好になるんですね。